キャリアアップ プリンセス☆ローズの目指せプロご主人様への道 私のいちばん好きな人は、私をいちばん好きな人 忍者ブログ

2014/05/30 (Fri)
私のいちばん好きな人は、私をいちばん好きな人


ばにらちゃんの特典の
ピーマンの肉詰め!!

もしかしてだけど~
もしかしてだけど~

ばにらちゃんの特典って
ホントにピーマンの肉詰め
オンリーなんじゃないの~?\(^o^)/

昨日のライブは、
お弁当的には、丼とばにらちゃんで
DD予約するのが正解でしたね。

炭水化物とおかずの邂逅・・・\(^o^)/

--------

と、いうどうでも良い話は
おいておいて昨日のライブの感想続き!

昨日は良い事ばかり褒めてきたけど、
個人的に私が丼を見た感想は、
「ずれてるな~」って感じでした。

これ、別にダメだって
言ってるわけじゃないですよ?

いわゆる舞台メインで
活動してる人と比べて
お屋敷感が全面に出てるなー。
って、感想でした。

セトリ的には、

ロミオとシンデレラ(☆ダンス付)
他己紹介付MC
乙女よ大志を抱け!
僕らのLIVEと君とのLIFE

と、いう感じで
今の丼の流行を取り入れた
オーソドックスな組み合わせでしたね。

ただ、本人たちは
感じてたかわかりませんが、
こういうライブにおいてダンスって
そんなに重要視されないんですよね。

もちろんあったらあったで喜ばれるんですが、
どっちかって言うと、とにかくお客さんが
騒げる曲が好まれる傾向が強いです。

だって普通レベッカのフレンズで
あそこまでおいおい盛り上がる?(笑)

かわいいは正義ならぬ
おいおいは正義なのが
地下ライブの一傾向かもしれません。

そしてメイドさんが他のメイドさんを
紹介していく他己紹介タイムも
非常に工夫されていて丼を知ってる人なら
楽しめたと思いますが、一般のお客さんからすると
少し間延びしちゃったかもしれませんね。

丼は正直時間に贅沢です。

お客さんが来てくれれば、
1時間くらいは見てくれる前提で
動いているので時間の密度がすごく薄い。
(※それがゆったりできていい所もあるけど)

逆にライブは、長くても20分。
この前は丼だけ20分ありましたが、
他の人は15分しかないので、
相当詰め込んでいかないと
その人を印象付けるのが難しいんですね。

あとは、丼は店舗待受け型なので、
お店に入ってくれた時点でお客さんは
丼に興味があるけれど、ライブ会場は、
実は自分で予約をしてくれなかった人以外、
つまりほとんどの人は、
自分たちに興味がないわけです。

と、いうことはライブ会場ですることは、
まずは自分たちに興味を
持ってもらうことから始めなくちゃいけない。

このスタート地点の意識の差を見て
メイド喫茶から来た人たちっぽいなー。
って、思っちゃいました。

丼だと何しても
ぐだぐだしても許されるんだよね。
お客さん逃げ場無いから。\(^o^)/

でも、ライブ会場だと
残酷なほどお客さんが引いていく。

1曲終わってあれだけ
長いMC挟んじゃうと、
ちょっとだれちゃうかなー?

-----------

と、言ってはいますが、
何度も言うようにこれがダメ。
って、意味じゃないですよ?

とにかく萌えしゃんどんに
外のライブに出てほしかった
理由のひとつとして、
「自分の競合が何をしてるか?」
を、知ってほしかったのが一番なんです。

実際、世の中競争社会です。

丼にお客さんが来なくなったのは、
この業界全体の客数が減ったよりは、
アイドル系に持っていかれたのが
大きな原因なのは、ライブに出てみると
肌で実感できたと思います。

いるでしょ?お客さん。\(^o^)/
目で見るとわんさか顧客はいるんですよ。

でも、お店でず~っと
待ちぼうけをしていると
本当にお客さんがいるのかわからない。

そして消えてしまったお客さんが
何を買ってるかわからなければ、
どう対処していいかもわからない。

同じことをする必要はないんですが、
あのライブに負けないものを提供しなければ
自分たちの店には来てもらえない。
と、感じてもらえれば今回のライブは、
大成功だったんじゃないかな?
と、思います。

------------

そして、見てほしかったのは、
外部のお客さんだけじゃなくて、
個人個人で頑張っているアイドルさん!

彼女たちが自分のライバルを見て
どう思ったかはわかりませんが、
やっぱりステージのパフォーマンス力では、
今の丼はどうしても負けちゃうと思います。

いや、これも良いんだよ。
だって、アイドルさんは、
舞台を本業で仕事として専念してるんだから、
勝てなくたって当たり前。

でも、だからと言ってしょうがない。
じゃなくて、自分が真似られるところは盗み、
勝てないところは、丼だけで出来ること
(料理、おしゃべり、歌中のMC等々)
で埋めていかなくちゃいけないんですよね。

ちなみにアイドルさんって、
別にみんな歌がうまくてダンスができて
かわいい。ってわけじゃないんですよね。

よくよく見ていけばわかると思うんですが、
みんなそれぞれの「スタイル」を持っている。


例えば、ばにらちゃんなんかは、
歌唱力は正直そんなにないんですが、
彼女の柔らかい雰囲気を昭和の名曲。
と、いう形に変えて上手くマッチさせてましたね。

しょこらさんは、あれはあれで良いかは、
賛否両論はありますが、彼女にしかできない
色気を武器?に変えて商品として昇華しています。

今の結果だけ見ると、
この人たちすごいなー。
って、思うけど、
でもこれは彼女たちが何年にもわたって
試行錯誤を繰り返して作ってきた
スタイルなんですよね。

そんなに楽をしてるわけじゃないよ?
ばにらちゃんのYAHHOなんかも
1年以上ピコピコハンマーを
使い続けて来てようやくみんなに認知された
彼女の代表曲なんだから。


これ、萌えしゃんどんの
過去の先輩もそうなんですよね。

私は本当に丼の卒業式が大好きですが、
卒業をするときには、みんながみんな
自分の個性をもとに自分だけの
スタイルを作り上げてみんなを魅了してる。

そんなの自分にはできないよ。
って、思うかもしれないけど、
個性あふれる萌えしゃんどんの女の子は、
みんなこの前のライブに出た人に
全然負けない自信あるけどなー。\(^o^)/

ないものを嘆くんじゃなくて
あるものを磨いていってほしい。

萌えしゃんどんの子には、
そういった可能性しか感じないから
実際私はお店通ってるんだよ!\(^o^)/

この前参加した4人は、
かなりこの辺のことは
わかってもらえたと思うので、
研修の意味を兼ねて、
丼の子は一度はライブに参加させるのを
義務付けても良いかもしれませんね。

----------------

と、考えたときに
どのライブに参加するかは、
戦略的に絞り込んだ方が良いと思います。

たぶん今まで何度かライブに出たものの
今回「楽しい!」って思えたのは、
やっぱりアピールするターゲット層が、
ばっちり重なったからなんですよね。

当然ながらしょこらさん主催は、
丼に馴染みのあるお客さんに加えて
コンカフェ系に馴染みのあるお客さんも
多いので訴求効果は高いでしょう。

ライブをする箱、場所も大事ですね。
心斎橋とかあっち系のライブよりは、
ワクテカ・J鰤・リュクセ・ギルドあたりの
ポンバシに近い場所の方が、
メイド喫茶に通ってるお客さんも多いし、
正直ライブのレベル感として、
丼がアピールしやすいライブが多いと思います。

人脈を使うなら、
風音先輩がよく出てるスイパラとか
手軽に出れて?アピールしやすい
ターゲット層かもしれませんね。

後は別の意味で風音先輩のライブと
人生観も勉強になるので見てほしいですね。

------------

今後丼が、どの程度
外のライブに出るかはわかりませんが、
月に一度くらいは宣伝と研修を兼ねて
出て行って損はないとは思います。

ただ、今のままだと宣伝効果はやっぱり薄いので
そこは徹底的に考えて行わないともったいないかな?

MCでの告知方法、
物販の内容、対応方法、ビラの配り方。

物販で写真を売って
コメントも書かないのはもったいないよー。

書く義務はないけど、
1番上の写真1枚にコメント書くのが
地下アイドル界では標準かな??

冒頭のばにらちゃんの予約特典見てみてー。

ピーマンの肉詰めにコメント書いてるでしょ?
しかもそこで動物園オフの誘いもしてる。\(^o^)/

あざといって思うかもしれないけど、
そのくらいしないと生き残れないのが
アイドルさんの世界なんだから、
同じことはしなくても良いけど、
今のままじゃ足りないって意識は、
持ってほしいなー。って、思います。

-----------

そういう意味で言うと、
しつこいけどツイッターで個人アカウントを
開かないのはもったいない。

ツイッターはやっぱり
手軽にコメントできるから、
お客さんが丼、個人に親しみを
かなり持ってくれるんですよね。

単純な話だけど、
フォローされるだけで
好きになっちゃうからね。\(^o^)/

そこからさらにファボなりRTされたら
正直ほいほいお店に通っちゃうよ?\(^o^)/

この前ライブに参加した女の子たちが、
たくさんコメント書いてくれたけど、
思ったより反響大きかったでしょ?

そして実際に自分たちも楽しいと思えたはずだし、
盛り上がりとか勢いを感じることが出来たはず。

と、いうか今のお店のアカウントのままだと、
お客さんは無くてもいいんですが、
アイドル・女の子と絡めないのが、
めっちゃもったいないんですよね。

この業界。
女の子と仲良くしておいて損ないですよ~。
お客さん紹介してくれるかもしれないし、
お店に入ってくれる子がいるかもしれない。

それよりも今の現状だと
せっかくしょこらさんが主催誘ってくれて
しかもリツイートまでしてくれてるのに
何もコメントできないとか、
客観的に見たら微妙だよね・・・。

あとはそれとは別に
そういうところで絡むだけで
萌えしゃんどんの名前がうれるんですけどね。

お店と言う大義名分を背負っちゃうと、
下の若い子たちは動きづらくなっちゃうのが
見ていてとってもかわいそうです。

そもそも今回もライブの感想で
誰が誰かわからなくなってるし、
みうちゃんのイベント告知しても
すぐに流れちゃうし、
そろそろ本気で検討しても
良い時期じゃないんですかね?

---------

と、いう感じで長々と
楽しくもないブログを書いてきましたが、
なんでこんなこと書いてるかというと、
私、萌えしゃんどんが好きだから
書いてるんですよね。

この前もローズさん前行かないんですか?
って、言われたんですけど、
あのねー。私ねー。
あんまりライブ好きじゃないの。\(^o^)/

だって、みんなライブ見てないんだもん。(笑)

舞台の上で歌ってる人がいるのに
背を向けて叫んでるって変だよね?

別にそれはそれで否定しないし、
実際楽しいと思うけど、
私はそういうタイプじゃないんですよね。

後は年齢的に立ちっぱなしは辛いわけだし、
個人的にはお話をできるほうが楽しいので
萌えしゃんどんみたいなタイプが
実は一番理想的なお店のスタイルなんです。


最初から何度も言ってるように、
萌えしゃんどんが悪いわけではありません。

ただ、他と比べて自分の良いところ、
足りないところを認識してさらに
良いお店になっていったら嬉しいな。

なかなか厳しい環境ではあるけど、
ちょっとのきっかけで変わると思います。

これからもがんばってね!!\(^o^)/
PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 8 9 11
14 15 16 18 19
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[08/21 ニット帽メガネ]
[08/17 Tossy]
[07/12 キャ]
[06/29 ブルー]
[06/29 プリンセスブルー]
[06/13 キャシ]
[06/10 キャシ]
[06/06 プリンセスブルー]
[05/23 ニット帽メガネ]
[05/01 キャサリン]
[04/23 ◯ちゃん]
[04/03 さくら]
[03/28 プリンセスブルー]
[03/26 さくら]
[03/20 プリンセスブルー]
[02/22 のえる]
[02/22 のえる]
[02/19 プリンセスブルー]
[02/19 のえる]
[02/18 のえる]
[02/07 プリンセスブルー]
[02/06 プリンセスブルー]
[02/02 きゃし]
[01/31 ニット帽メガネ]
[01/17 みさ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ろーず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
Copyright ©  -- プリンセス☆ローズの目指せプロご主人様への道 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]