キャリアアップ プリンセス☆ローズの目指せプロご主人様への道 正しいことが塗りつぶされて ツクリモノの世の中 もう辞めにしよう 忍者ブログ

2014/05/01 (Thu)
正しいことが塗りつぶされて ツクリモノの世の中 もう辞めにしよう


いまさらですが、伝説となった
白野女神臨降のフライヤー。

自分のミスを全部ファンに
お店でお金を払って修正させるふぅたん。

トラブルも上手く宣伝に変えますね。\(^o^)/
失敗を失敗とするかチャンスとするかは自分次第。

そして良い人すぎる集団の楓っ子隊。
なんならオタロードでビラ配りまで
したら完璧だったのになー。\(^o^)/



と、華やかな衣装とは打って変わって
お花見の時の特別ブロマイド。

あんまり写真とかは興味ないんですが、
珍しくお気に入りだったのでアップしちゃう。

普段、アイドルさん・メイドさんの
チェキ・写真はアップしないんですが、
ふぅたんなら怒らないと思うので、
アップしちゃうぜー。\(^o^)/

とっても綺麗でかわいいふぅたん。
みんなはどっちがお好みですか?

-----------

と、テキトーな感じの導入はおしまいにして、
わりと重たいローズさんのここ1年の
感想を発表しちゃうよ!\(^o^)/

みんなね。
知らないと思うけどね。

私ねー。
ふぅたんのこと
大好きなんですよ。\(^o^)/

だって、萌えしゃんどんで一番最初に
リクエストしたのふぅたんだもん。

【ふぅたん】のパフォーマンスがあったから
今、萌えしゃんどんに通っていると言っても
過言ではないですからね。
(※カッコの中身を変えるだけで汎用性のある内容となります)

気付けばもう、3年半前?
地味に長い付き合いになってきてますよね。

今ではすっかり
ふぅたんの名前が浸透したけど、
私の中ではさりげに今でも風音ちゃんなので、
今回だけ風音ちゃんでブログ書かせてもらいますね。

----------

ここ1年で一番印象に残ったのは、
実は3月に行われた「ごいち生誕祭」なんですよね。

私、風音ちゃんのことすごい好きなんだけど
どうにも彼女とはリズムが合わないんです。

生誕祭も参加したことないし、
昔、名古屋にライブいくよー。
って、話になった時にも福岡に異動になっちゃうし、
丼に通ってた時は、あんまりシフト入ってないし。

なんていうか、
会えるのがメリットのメイド・地下業界で
あんまり会えない。でも、遠くから見てても
良いなー。って、思えるのが風音ちゃんでした。
(※本気で会いに行って無いのもありますが)

だから新曲のハッピーサイクルとかも
実は現場でどんな感じでやってるか知らなくて
ほんの軽い気持ちで聞きに行ったら、
それはもう、すごいオーラと熱量で会場全体に
嵐を巻き起こしていて、やっぱりこの子は、
めちゃくちゃパフォーマンス熱い子だなー。
って、感動して珍しく興奮していました。


興奮すると人は誰でも
自分の経験・感想を語りたくなるもので、
風音ちゃんがワクテカシアターの2階に
現れたときにめっちゃ熱く語ってしまったんですね。

褒められるのが大好きな風音ちゃんは、
もちろん笑顔で喜んでくれたんですが、
私が想像している「舞台上の風音ちゃん」とは、
少し違ってとっても大人しく感じたんです。

この違和感は、今でも鮮明に覚えていて、
あれ・・・?なんか嫌われてるのかな?
と、不安になったりもしたんですが、
他の人との話を見ていると、別に私だけの対応じゃなく
みんなに対してもすごく丁寧で低姿勢な感じがして。

女王様キャラが売りの風音ちゃんって、
こんな感じだったっけ?って、思ったことが
ここ最近の印象でした。

----------

もうひとつ風音ちゃんで印象に残っているのが、
今年のチームB型の年越しライブ。

みんな仲良し!チームB型!!なんですが、
やっぱり誰が取り仕切っているとかというと
必然とお姉さん的存在?芸歴も長い?
風音ちゃんになってしまうのか、
リーダー的存在に風音ちゃんがいて、
その下に3人がリーダーの指示の元に
動いているって、感じちゃったんですよね。

別に仲が悪いわけじゃないんだけど、
なんだか風音ちゃんだけ、
ひとつ上の段階で浮いてしまってるような?

なんとも言えない、
良い意味での孤独オーラ?を感じるのは
私だけなんでしょうか?

ま、これもひとめ見ただけの感想なので
かなり主観的な感想になってしまうんですが、
何を言いたいかって言うと風音ちゃんって、
すごい変わってるよね。(笑)

ツイッターやブログを見てても
たぶんガチでひとりで旅行行ってるもんね。

私が一般的に思い描く女性像からすると
これってすごく珍しいと思うんです。

だって、女性って共感したいんだもん。
一緒の場所に行って、一緒のご飯を共有し、
その思い出を語り合うのが楽しみなんだもん。

どんなに素敵な場所でも、
どんなに美味しいご飯を食べても、
ひとりじゃきっと楽しくない!!


でも、私も同じような人間なので
すごく彼女の気持ちはわかってるつもりです。

だから、アイドルをやっている!

アイドルをしている人間って、
理由はどうあれ、結局は目立ちたがり屋、
承認欲求がものすごい人たちなんですよね。

満たされちゃったらこの世界は終わりなんですよ。
常に今の自分にフラストレーションを持っていて
成功したとしても、もっと!もっと!!と、
思えるくらい渇いてないと続かない。

そんな中で風音ちゃんの行動は、
かなり奇異で特異的な印象です。

自らメルヘンという店に入り、
今は、エレフという店に所属し、
自分でふぅこTVや動画をガンガン作成し、
およそ一般的なアイドルの本流の流れとは、
別の道を自らの意思で切り拓いていっている。

感動ですよ。

どれだけこの人は意思が強いんだろう。
どれだけ孤独に耐えてきたんだろう。
って。

例えばGEなんて日本橋最大級の
本当に素晴らしいイベントですが、
あれって一応チョコラータの二人。
で、やってるんですよね。

まぁ、二人も二人で心細いとは思うんですが、
演者調整・舞台予約・曲制作・衣装・物販・告知、
もろもろ全部ひとりでこなすのって、
相当しんどいと思うんですよね。

でも、折れない。

彼女の中ではきっと強いプライドがあって、
人に頼らないわけじゃないんでしょうけど、
自分の中では譲れない部分があって、
そこは無理をしてでもやってしまう。

そういった意思の強さが、
彼女をどこか孤独でさみしさを感じさせる
オーラをまとわせているのかもしれませんね。

-----------

黒い黒い、黒野楓子。
と、いう自虐ネタが萌えしゃんどんのころから
鉄板で使われていましたけど、これって、
いったい何がきっかけでそうなったんでしょうね?

私から見るとアイドル業界の中でも、
本当にトップクラスの繊細さと純粋さを
持っているのが風音ちゃんだと思うのですが・・・。

まぁ、自分をネタにしたほうが、
盛り上がるし、本人が否定しないから、
それで良いとは思うんですが、
風音ちゃんって、相当良い人だというのは、
歌詞なんかを見ればよくわかると思うんです。

まだCD買えてないから、
だいたいの歌詞しか見れてないけど、
「ハッピーサイクル」なんて普通の人には、
そう簡単に書ける歌詞じゃないよ?

「ホワイトビーナス」も戦いを
イメージした歌詞だからってのも
あるかもしれないけど、
彼女の非常に真面目で誠実な感じが
良く表れている素晴らしい内容だと思います。

そういった気持ちとか信念は、
最近の物販なんかでの戦略でも伝わりますよね。

きっとね。
お客さんのことが本当に好きなんでしょうね。

消費税アップに伴い、
何故かアイドル界でも物販値上げが叫ばれる中、
Tシャツ2000円で販売、新曲CDは、
ライブに来た人全員に配布とかって、
どれだけ大判振る舞いしてるねん。
って、感じだもん。

でも、別にきっと他意はないんですよ。
彼女の原風景としては、
たぶん単純に自分の作品を聞いてほしいだけ。

そりゃそうだよね。
自分を認めてほしくてアイドルしてるんだもん。

自分を表現するために出した新曲を
聞いてもらいたかったら、みんなが聞きやすいように
システムを整えるのが王道だよね。

もちろん生活もあるから、
この戦略が誰にとってもベストではないだろうけど、
きっと風音ちゃんにとっては、
最善の戦略だったのではないかと思います。

お花に水をあげましょう。
風音に愛をあげましょう。

お金よりも何よりも褒められると
本当に嬉しそうなのが風音ちゃんでしたよね。

想像だけど、自分でオリジナル曲出しても
ほぼほぼ赤字か良くてプラマイゼロでしょう。

それでも「一度くらい・・・」の気持ちでは無くて、
常に新曲を制作し続ける風音ちゃんは、
私にとって居くれてとても励まされる存在です。

アイドル活動を続けてくれてありがとう!

----------

なんで急に風音ちゃんのことを
こんなにフューチャーしてるかというと、
最初に言ったでしょ・・・?

だって、私風音ちゃんのこと
めっちゃ好きなんだもん。\(^o^)/

私の好みのパターンはいくつかあるんですが、
「正しいことをしてる人が正しく評価」されないのが、
本当に嫌なんですよね。

まぁ、これも主観的な意見だから、
賛否両論はあると思うんですが、
風音ちゃんが持っているポテンシャル、
こなしてきた行動量・努力からすると
もっと!もっと!!もっと!!!もっと!!!!
絶賛されてもいいくらい素晴らしいと、
個人的には思ってるんですよね。

風音ちゃんの話をするときに、
どうしても話題に上ってしまうのが、
年齢の話でしょうか。

やっぱり彼女もかなり大人に
なってきているのは事実なので、
彼女のタイムリミットが近い。
と、考える人も多いと思うんです。

しかも彼女は、才能が豊かなものだから、
現場の一線から引いて、プロデュースとか
創作・育成に回ってもいいんじゃないか。
と、考える人もいるんじゃないでしょうか?

実は私も同じ考えを持っていたんですが、
先日の動画を見て改めて思いました。

もったいない!!

前のブログで述べたとおり、
やっぱり創作者であり表現者であることは、
大きなメリットであると思うんですよね。

確かにアイドル界とは残酷で、
「見た目」と「若さ」がもてはやされる業界です。

盛者必衰、常に若手の
ニュージェネレーションの台頭におびえ、
現場に立つことが恐怖に感じることもある世界です。

でもね。
そんなのは見た目だけで売ってる
軽いアイドルの話だけだよ。

昔から素晴らしかった風音ちゃんだけど、
オリジナルCDとかツイッターでの
やりとりを見ている限り、
とても良い年齢の重ね方をしているな。
って、思ってます。

年齢なんて、やらないための
自分の言い訳!!

私も仕事がバリバリできるのは、
20代までなのかな?
なんて、思ってたけど関係ないよ!

「やりたい!!」という気持ちさえあれば、
夢に限りなんて一切関係ない!!

他の人はともあれ、
私はアイドル・白野楓子に
これからもずっと頑張ってほしいです。

もう少し白野楓子の物語の続きをみたいなー。

お誕生日おめでとう!!

生誕祭本当に見に行きたかったけど
見れずに残念でした・・・。

また大きなイベントがあるときには、
ぜひとも応援しに行くので、
これからも頑張ってね!!

(名曲:らびんちゅ)


PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
3 4
6 7 9 10 11
14 16 17 18
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[11/21 ◯ちゃん]
[11/20 ◯ちゃん]
[09/25 Tossy]
[09/21 キャサ]
[08/30 ニット帽メガネ]
[08/21 ◯ちゃん]
[08/21 ニット帽メガネ]
[08/17 Tossy]
[07/12 キャ]
[06/29 ブルー]
[06/29 プリンセスブルー]
[06/13 キャシ]
[06/10 キャシ]
[06/06 プリンセスブルー]
[05/23 ニット帽メガネ]
[05/01 キャサリン]
[04/23 ◯ちゃん]
[04/03 さくら]
[03/28 プリンセスブルー]
[03/26 さくら]
[03/20 プリンセスブルー]
[02/22 のえる]
[02/22 のえる]
[02/19 プリンセスブルー]
[02/19 のえる]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ろーず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
Copyright ©  -- プリンセス☆ローズの目指せプロご主人様への道 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]