キャリアアップ プリンセス☆ローズの目指せプロご主人様への道 いつかその日が来たら大切な声を聞いて 恋に予約録画はありえないから 忍者ブログ

2014/02/19 (Wed)
いつかその日が来たら大切な声を聞いて 恋に予約録画はありえないから


萌えしゃんどん恒例!
さくらちゃんからのお手紙!!

さくらちゃんのお手紙も、
さくらちゃんらしい器用な内容でした。

頭いいよなー。やっぱり。



そして当然ながら私からもお手紙!

冷静に考えると手紙もらえるのわかっていて、
こっちからあげないのってフェアじゃなくない?\(^o^)/

私が卒業する身分だったら、
長い文章じゃなくてもいいから、
参加する人はお手紙必須にしてやるね!\(^o^)/


ただ、メイドさんがちょっとかわいそうなのは、
私に対しては後出しじゃんけんをされちゃうことですよね。

やっぱり私も遠くから接しているメイドさんに対しては、
なかなか気の利いたコメントも書きづらくて、
一番最初に渡した内容の手紙って、
結構浅い内容だったりするものです。

だがしかし!
俺は、ブログを使って
メイドさんからもらった手紙について
返信を加えて投稿することができるんだぜ。\(^o^)/

卒業式での挨拶とか聞いた上で、
その感想とかも利用して上乗せしちゃうんだぜ?
どうだ!悔しかろう。\(^o^)/

悔しかったら、
べ、別にお返事の手紙を
くれてもいいんだからね!

さくらー。俺だー。
文通しようぜー。\(^o^)/


-----------

と、毎度のごとく、
クソくだらない始まりのラブレターですが、
今回は・・・うーん。何書こうかなー?\(^o^)/

正直なー。
つぐみちゃんですら接点少なかったのに、
さくらちゃんとなると10回会ったかどうか?
の、レベル感ですからね。

思い出・・・って、言われても、
いつもドタバタしたまま帰ってたから、
あんまり話した覚えもないしなー。

困ったなー。\(^o^)/

ま、さくらちゃんも結構自由にしゃべってたし、
私も自由気ままに思い出を書き綴ってみるかー。\(^o^)/


・・・さくらちゃんと言えば、
私の中ではなんでもできちゃう
器用でオールマイティな
トランプで言うジョーカー的な存在です。

一時期、本当に新人さんが
入ってはやめてしまう状況で、
アイドル的でフレッシュなつぐみちゃんが入り、
おっとり系で美人の歌姫のかのんちゃんが入り、
お店が安定してきたなー。と、思ったところに、
なんでもできちゃうさくらちゃんを見かけたときは、
うひゃー。キタコレー。すべてのピースが揃った!!
さくらちゃん。君が欲しかった!
今!ここに!ハマるのは、さくらちゃん!!
君以外いないんだよ。よく来てくれたー。

って、感じでした。\(^o^)/

カジノで全財産失くしそうな時に、
1/2の確率のギャンブルに全額ベットで
3連勝したような気分。

まさにキセキの世代やん。\(^o^)/
と、逆に怖くなる思いでした。

でも、これで勝った!
と、思いました。(何に?)

これで勝てなかったら仕方ない。
と、いうくらい、私は、
つぐみ・かのん・さくらちゃんの世代に
自信を持っています。


この3人は、傍から見てても
本当にいいトリオですよね。

ひとりひとり個性があって、
お互いがお互いの足りないところを
補っているような関係。

その中で、3人をうまい具合に、
バランスをとってつなぎ止めていたのが、
きっとさくらちゃんだと思っています。

なんでもできるさくらちゃんだからこそ、
その場その場で求められる役割を器用に
さくらちゃんが埋めていってたんじゃないでしょうか?
みんなが気づかないほど鮮やかに。


さくらちゃんは、皆さんも知ってのとおり、
とにかくまずは会話が上手い。

相手の気持ちを汲み取るのがうまく、
また頭の回転も早いものだから、
さくらちゃんと話していると、
自然と気分良く話したくなる
会話のリズム・雰囲気が生まれるのです。

特に男性にとって嬉しいのは、
笑いのハードルが低いこと。

なずちゃんも物マネしてましたが、
ちょっとのことでも「あっはっはっは」
と、声をあげて笑ってくれる=許容してくれる
と、直感できるので、ついつい
「こちらから」話したくなってしまうんですよね。


もちろんさくらちゃんは、
会話だけではなくて、パフォーマンスも優れている。

歌うまいですよね。
もともとうまかったのもあるけど、
特にアニメ系の曲については、
可愛い声を活かしてかなり萌えを感じるのは、
きっと私だけじゃないはずです。

健全だ!健全だ!
しゃんどんは、だいぶ健全だ!
の、替え歌が頭から離れないんですけど?\(^o^)/


実は、さくらちゃんは、歌本だけ見ると、
そんなに曲数は多くはないんですが、
そこには努力の跡が随所に見られるんですよね。

おそらくあんまりダンスなんかは
得意じゃなかったはずですが、
そこをしっかり整えてきたり、
アイドルもそんなに得意じゃないはずなのに、
最低限の曲目として揃えていたり、
全体的に不得意分野が見られない。

これは失礼かもしれないんですが、
この前の卒業式でのパフォーマンス。
あそこまでやれると思いましたか?

別にできないわけじゃないんだけど、
やる気になればプレイヤーとしても、
活躍できちゃうところが、さくらちゃんの
幅の広さだと思っています。


ただ、みなさんがどう評価していたかはわかりませんが、
私がさくらちゃんに一番着目していたのは、
安定したお給仕能力と事務・管理能力について
非常に高く評価していました。

これは私の持論なんですが、
コンセプトカフェは、あくまで飲食店だと思っています。

確かに来る人を会話や歌で楽しませることは重要ですが、
注文した料理が30分来ない。お会計が間違っている。
と、いうコンカフェには絶対行きたくありません。

萌えしゃんどんが素晴らしいお店だったのは、
見た目のパフォーマンスはもちろんのこと、
実はそういう事務的な面がかなりしっかりしていたからだと
個人的には思っています。

つぐちゃん・かのんちゃんも確かにできなくはないですが、
さくらちゃんは、女性には珍しく非常に広い視野を持っていて、
感情に左右されないイケメン的な要素も持っているのが強みでした。

ついつい相談したり甘えたくならない?
それって、ただ受け身なだけじゃなく、
自分から積極的に声をかけてるところが、
大きいと思うんですよね。

灰音ちゃんが言ってたように、
嫌がる?人でも巻き込んでいく力が彼女にはある。


「見た目」が安定しているのは、
普段から周りのことを考えているオーラがあるから。

実際は、知識や経験不足があるはずなのに、
それを隠し通すだけの度胸の良さと責任感が、
さくらちゃんの強みだと思っています。

なかなか4回目のお給仕のメイドさんに、
「君、今日から研修の名札取っていいよ」
なんて、言わないもんね。\(^o^)/

もしも今までのメイドさんの中で、
ひとりだけ選んでお店を開くとしたら、
実はさくらちゃんを選ぶかもなー。
って、いうくらい、管理能力と多様性に優れた
メイドさんだったかな?って、思ってます。

(安定のさくらちゃん)

親友のつぐみちゃんの言葉が、
さくらちゃんをなかなかに素晴らしく例えていて
「メイドとしては正しいけど 女の子として間違っている」
と、言ったそうです。

つぐちゃんひどいけど、
これに納得したローズもひどい。\(^o^)/

でもね。
この前の卒業式で今更ながらに気づいたけど、
さくらちゃんって、実はものすごく可愛いんだよね。

なずちゃんも言ってたんだけど、
めちゃくちゃしっかりしてるくせに
とっさの天然ボケのギャップが半端ないの。\(^o^)/

萌えしゃんどんで爆笑した思い出は多々あれど、
さくらちゃんのキレ味は、なかなかだったなー。

------------

途中萌えシャンドンで
あすかさん、ひなちゃん、さくらちゃんとトーク。

さくらちゃん、何故かドラえもんの秘密道具を
「7つの秘密道具」と間違える。

バリエーション少なっ。\(^o^)/

物語7話で終わるわ。\(^o^)/

本当はおばあちゃんの
7大知恵袋と言いたかったらしい。

少なっ。\(^o^)/

おばあちゃん長年生きてきて
身につけた知恵少なすぎやろ。\(^o^)/

およそ10年に1度の大発見。\(^o^)/

-----------

ずるいよねー。
しっかりものと見せかけて、
プライベートでは意外に天然な一面見せるとか、
これで落ちない男いないでしょ?\(^o^)/

ひなちゃんも言ってたけど、
ヒール危ない、ころびそーって、
思って本当に転んだら、一発で惚れるわ。\(^o^)/

この子、俺が守ってあげないとダメだ。って。

ミスったあとに「えへ」って、
いう言葉が、世界一似合う女の子じゃないかって、
個人的には思っています。\(^o^)/


この前の卒業式も、
終盤は号泣し始めてしまって、
私とにゃんさんは終始興奮に包まれていました。\(^o^)/

かわいい・かわいいを連呼する二人。\(^o^)/

泣き顔のチェキ撮るわ、
ボイスCD作り直せとか、
無茶ぶりばっかり。\(^o^)/

でも、そのくらいかわいいんだよー。

だって、泣いてしまうのは、
一生懸命頑張ってきた証拠だから。

さくらちゃんと一番最初に会った時の印象は、
すごく可愛くておしゃべりができる子だけど、
負けず嫌いで向上心があふれる子だな。
って、印象だったんです。

私は、あまり新人の子はいじめないんですけど、
確かさくらちゃんだけは、自分でも結構意地悪したな。
って、思い出があって、でもさくらちゃんは、
そんな私に向かって笑顔を向けながらも、
下唇を「きゅっ」て噛み締めて、
「いつか見返してやる」みたいな顔をしてたのが、
深く印象に残っていたんです。

あとは、いつも明るく振舞っているように見えても、
実は自分に自信がかなり無いような一面があって、
私がさくらちゃんのことを褒めても、
「ほんとですかー?ありがとうございますー」
って、言いながらもどこか陰りを覗かせるのが、
気になっていたんですよね。

でも、それは全然悪いことじゃなくって、
彼女は非常に高い目標を持っているからこそ、
今の自分が不安に思えるのであって、
卒業式で思わず泣いてしまったのも、
辛い・逃げたいと思えるような困難を
乗り越えたと実感できたからこそなんでしょうね。

みさちゃんが良いことを言っていて、
華やかに見えるメイド喫茶業界も、
見えないところでは足を必死に動かして、
みんな頑張っているそうです。

普通のメイド喫茶でも大変だろうに、
さくらちゃんがいた時期は、
本当に17歳の女の子に背負わせてはいけないほど、
たくさんのプレッシャーを背負わせてしまったと思います。

本当におつかれさま。
そして、長い間ありがとう。

仕事を一生懸命頑張って、
やりきって思わず泣いてしまうさくらちゃんは、
メイドさんとしても女の子としても最高だったよ!

萌えしゃんどんのことは後は任せておけ!

さくらちゃんが帰りたいな。
って、思ったときにいつでも帰れるように
これからもみんなで守っていくよ。

だから、新天地でも
さくらちゃんらしくがんばってね!

なんか今回は珍しく、
ぐだぐだな内容だったけど、
たまにはこんな更新もありってことで!

また誰かの卒業式で会えるその日まで。
ごきげんよう!\(^o^)/

BUMP OF CHICKEN - バイバイサンキュー

PR
コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 8 9 11
14 15 16 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[08/17 Tossy]
[07/12 キャ]
[06/29 ブルー]
[06/29 プリンセスブルー]
[06/13 キャシ]
[06/10 キャシ]
[06/06 プリンセスブルー]
[05/23 ニット帽メガネ]
[05/01 キャサリン]
[04/23 ◯ちゃん]
[04/03 さくら]
[03/28 プリンセスブルー]
[03/26 さくら]
[03/20 プリンセスブルー]
[02/22 のえる]
[02/22 のえる]
[02/19 プリンセスブルー]
[02/19 のえる]
[02/18 のえる]
[02/07 プリンセスブルー]
[02/06 プリンセスブルー]
[02/02 きゃし]
[01/31 ニット帽メガネ]
[01/17 みさ]
[01/15 みさ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ろーず
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
Copyright ©  -- プリンセス☆ローズの目指せプロご主人様への道 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by 妙の宴 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]